「2017/01/17~21 RYOMA 王道(おうどう)クルーズのお」 (SAKI)


みなさまこんにちは。

2017年最初のRYOMAでした~~~ サキです。

今まで龍馬専属のガイドがいた「デイドリームRYOMA」ですが、

なんと!今期より、コロールのスタッフが交代でダイビングガイドとして龍馬に乗れるようになったのです。

今まで龍馬に乗っているスタッフをウラヤマシイ↑↑と思い続けてきたコロールスタッフの思いがエライ人に届いたのでしょうかっっ

 

今回の龍馬クルーズは、ウーロン&ゲメリスの王道コースでした。

 

 

1/18の初日はウーロン島近くに滞在し、

1:ウーロンチャネル、2:グラスランド、3:シアスコーナー の3ダイブ。

1/19早朝ダイビングの4:ウーロンクリフまでウーロンエリアで、

その後ゲメリス島近くのジャーマンチャネル内側に移動し、

1/19の2ndダイビングよりゲメリスエリアでのダイビングでした。

移ってゲメリスエリアでのダイビングは、

5:ジャーマンチャネル、6:デクスターウォール、7:ブルーコーナー

4日目早朝8:ブルーコーナー、9:ジャーマンチャネル、10:ブルーホール、11:ブルーコーナー、

最終日早朝の12:ブルーコーナーという これぞ!!王道ポイント!!!

というラインナップでした。

ワタシに言わせると、「王道(おうどう)のお」っていう」カンジでしょうか。

 

今回のイチオシは、なんと言ってもミヤコテングハギの群れ!!! 

3日目と4日目のブルーコーナーでは、700~800匹の群れが30匹ほどのグレイリーフシャークに追いかけられ、ブルーコーナーを所狭しと逃げ惑う姿がお客様に大人気。

「この光景を見て、初めて自分で動画を撮りました~」とみなさんがおしゃってました。

3日目夜のログ付けタイムに、動画を見て大興奮したゲストのみなさんは、

4日目、<ここでもぉ!?>って思うようなところでまで熱心に動画撮影。

最近のコンデジってヤツは動画もそれはそれはキレイなモノでして、

やっぱり大自然の営みって、人が思っているよりずっとずっとスゴイんですね~~~

ってみなさんホントに感動しまくりっていう具合でした。

 

 

日中のダイビングでは、2日連続マンタを外してしまった今クルーズなんですが、

そこはそれこそ「龍馬クルーズ」ならでは。

ワタシたちの夜ごはんが終わった頃に、逆にナンヨウマンタの食事タイムが龍馬後方で始まり、慌ててお部屋へカメラを取りに帰るお客様が続出。

1度解散したゲストのみなさんが龍馬のデッキに集まっての大撮影大会となりました。

かく言うワタシもあたふたとカメラを取り出し、半分寝ぼけながらもなんとか撮影に成功。

「マンタはいるんだね。」というキビシイ突っ込みをいただいてしまいました。

水中での出会いを果たせず大変申し訳なかったのに、

「マンタ、上から見るってなかなかナイですよ~」

「なんなら、ダイビング中より近いですよ~~」

「絶対!ダイビング中よりゆっくり写真撮れますよ~~~」

なんていう、言い訳をたくさん言いました。

どうもすみません。。。

 

 

 

クルーズ中には「100ダイブ記念」のゲストKさんがいらっしゃり、

ディナーの際に「幸せのおすそ分けケーキ」をいただくハプニングもありました。

パラオで、ブルーコーナーで、<記念ダイブ>ってステキですよね~~~♪♪

 

 

 

イマイチお天気に恵まれなかった今クルーズでしたが、

それもこれも<日焼け>の心配がいらないよっっ!!って言われればそうなのかもしれませんね。

「焼かない派のサキが言うんですから、間違いありませんよ(苦笑)」

↑スミマセン。調子に乗ってウソを言いました。。。。。

 

 

 

水温は変わらず、29.029.4℃。

透明度は15m~30m。

一番透明度の重要なブルーホールでの透明度30m、しかも貸し切りは、

ラッキーだったと思います。

いやいや、1番のラッキーはイルカのジャンプですかね。

キャプテンもノリノリで、ボートを何度も旋回させてくれてました。

しかもこの決定的なシャッターチャンス!!!!!

奇跡的な写真を撮ってくださったMさん、ありがとうございます!

 

 

 

今クルーズもステキなお客様と龍馬でご一緒できたことに感謝して、

次回の龍馬チャンスを心待ちにしたいと思いますっっ!!!

またのお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。

どうもありがとうございました。