FAQ

FAQ


 

Q1.パラオの天候は?

A. 典型的な海洋性熱帯気候。1年は大きく分けて「乾季」と「雨季」に別れます。乾季は12月~6月、雨季は7月~11月とされています。近年は世界的な異常気象のせいなのか、この境が無くなってきているように思います。雨季といっても一時的に大雨が降るスコールが多くなる程度で、長期間にわたって振り続けることは少ないです。日本と同じ台風のシーズンはあり、影響は受けますが直撃の心配はありません。

topへ戻る

Q2.ベストシーズンはいつ?

A. 乾季は北東の風が吹きやすく、ブルーコーナー等の西側のポイントに潜りやすくなります。

雨季は南西の風が吹きやすく、熱帯性気候の影響も受けやすくなり、東側のポイントに潜りやすくなります。ブルーコーナー等の西側のポイントでは、風向きの影響で透明度は乾季よりも良くなります。近年は 世界的な異常気象のせいでシーズンが不安定になっており、それほど季節に左右されることはありません。ちなみに夏は雨季とされながらも連日快晴の良い海況が続いていた年もありました。

季節風の弱まる3月から5月にかけては、普段はなかなか行く事のできない北のカヤンゲルや、南西のソンソロール、ヘレンリーフ等への遠征クルーズを予定しています。

topへ戻る

Q3.許可証って?

A. 各州によってダイビングの許可証が定められています。ブルーコーナー等の多くのメジャーなダイビングポイントのあるコロール州、ジャーマンチャンネル南東側からのペリリュー州、ユーカクチャネルのあるガラツマオ州、ウエストパッセージのあるアルモノグイ州、北のカヤンゲル州等、各州毎に定められております。

許可証は、各クルーズに合わせて手配します。ご精算は、乗船日の受付の際に現金(US$)でお願い致します。

topへ戻る

Q4.乗船するのに、ダイビングライセンスや経験本数に制限はあるの?

A. ファンダイビングに参加するためには、どの指導団体でも大丈夫ですが、PADI オープンウォーターダイバーレベルと同等の資格であることが条件となります。
経験本数に制限はありません。初心者の方も大歓迎です!

また、夏期クルーズでは、ライセンスをお持ちでない方でも、龍馬でスノーケリング等をお楽しみ頂ける、カジュアルクルーズプランもございます。

topへ戻る

Q5.ポイントまではどのくらいかかるの?

A. 各ダイビングポイントまでは、龍馬本船からスピードボートで移動します。ポイントの近くまで龍馬で行くので、スピードボートでの移動は長くても15分~20分程度。コロールからブルーコーナー等へは50分前後かかるので、楽ちんです。

topへ戻る

Q6.1日何本潜れるの?

A. 乗下船日を除き、基本的には早朝ダイビングを含めて4本潜って頂けます。

topへ戻る

Q7.タンクの種類は?

A. アルミタンクの9Lと11Lをご用意しています。
エアーの消費が心配な方は、11Lのタンクをお勧めいたします。

topへ戻る

Q8.ナイトロックスは使えるの?

A. ナイトロックスのスペシャリティをお持ちの方でしたら、無料でご利用頂けます。
ナイトロックスのタンクも、アルミタンクの9Lと11Lをご用意しています。

topへ戻る

Q9.講習もやってるの?

A. ダイビングの合間の休憩時間等を利用して、ナイトロックス講習を開催しています。(別途$200)
たくさん潜る事ができるクルーズですので、ナイトロックスのご使用をお勧めしております。受講された方からは、「エアーに比べて体が楽な気がする」といった感想を頂いています。

topへ戻る

Q10.各ダイビング後、本船に戻ってこれるの?

A. 基本的には各ダイビング後に本船に戻ってゆっくり休憩して頂けます。畳のお部屋でごろごろするのも気持ちが良いですよ。

topへ戻る

Q11.ナイトダイビングもできるの?

A. リクエストを頂きましたら、スケジュール・海況等に応じて開催致します!
また、龍馬ならではの、ミッドナイトダイブもリクエストを頂ければ開催致します!

topへ戻る

Q12.器材のセッティングに自信がないのですが。

A. 器材のセッティングは、タンク交換も含めてすべてスタッフが行います。
残圧チェック等の最終確認は、お客様ご自身で行って頂きますようお願い致します。

topへ戻る

Q13.レンタル器材もあるの?

A. BCはサイズ別のショルダーバックルタイプですので、どなたにもフィットできます。ウエットスーツは3mmのフルスーツが主になります。メーカーはSプロ、アクアラング製品が多いです。
レンタル器材が必要な場合は、事前にお知らせ下さい。

topへ戻る

Q14.メッシュバッグは必要?

A. 基本的にメッシュバッグは不要です。
お部屋ごとにダイビング用のかごをご用意していますので、ご乗船後はそちらをご利用頂けます。初日の1本目の後は、器材はスピードボートに乗せた状態で保管します。

topへ戻る

Q15.ダイビング用のタオルは必要?

A. 各ダイビング後、新しいタオルをお出しします!

topへ戻る

Q16.ダイバープランでもアクティビティに参加できる?

A. もちろんダイバープランの方も、アクティビティにご参加頂けます。
特にフライトの関係で、下船日に潜れない方にはオススメです!

topへ戻る

Q17.船内での服装は?

A. 船内では、濡れたままの恰好では入って頂けません。
ウェットスーツ等を脱いで室内に入って頂くようお願い致します。
船内は冷房が利いていますので、1枚はおりものがあると便利です。
また、デッキは滑りやすいので、ヒールはご遠慮下さい。

topへ戻る

Q18.釣りもやってみたい!

A. 無料で釣り竿の貸出を行っております。
停泊時、深夜、早朝を除いた空き時間に、母船からのフィッシングをお楽しみください。

※予めフィッシング許可証($20 / 30日有効)の準備が必要となりますので、ご希望の方はご予約時にお申し出下さい。
※ルアー釣り、餌釣りの何れかとなります。ルアーを根掛かり、紛失された際は1つにつき$10をお申し受けいたします。

topへ戻る

Q19.船内の水は飲める?

A. 造水機で海水をろ過していますので、水道のお水も飲んで頂けます。
1階のカウンターには、お茶・コーヒー等のお飲み物をご用意していますので、ご自由にお飲み下さい。

topへ戻る

Q20.食事のスタイルは?

A. 日本人シェフが作るビュッフェスタイルです。毎日40種類以上のメニューは、お客様から大変ご好評頂いています!
お食事は、2階のデッキで、海を眺めながら召し上がって頂けます。

topへ戻る

Q21.客室はどんな感じ?

A. すべて2人部屋です。
2段ベッドではなく、広々とした設計でまるでホテルの1室のような雰囲気です。
バス・トイレのついたデラックスタイプが、ツイン2部屋、ダブル1部屋の計3部屋。
バス・トイレなしのスタンダードタイプが6部屋です。
スタンダードタイプでも、室内はゆったりとしています。スーツケース用のスペースなど、収納も充実しています。

topへ戻る

Q22.アメニティは何がある?

A. シャワールームには、シャンプー・リンス・ボディソープがあります。
また、タオルはバスタオルとフェイスタオルをご用意しています。
各ダイビング後には、別途新しいタオルをご用意します。

topへ戻る

Q23.船内で充電できる?

A. 龍馬船内は、日本と同じ100Vですので、変圧器等を使用せず、そのままお使い頂けます。各部屋にコンセントが設置されていますし、足りない場合は共用スペースのコンセントで充電できます。

topへ戻る

Q24.船酔いが心配

A. 龍馬は双胴船で、揺れが少なくなるように設計されていますのでご安心下さい。
どうしても心配な場合は、酔い止めをお持ち下さい。船内でも販売しています。

topへ戻る

Q25.洗濯はできる?

A. 申し訳ありませんが、お客様用の洗濯機はご用意がございませんので、ご乗船日数分のお着替えをご用意下さい。
なお、水着用の脱水機はデッキに設置してありますので、ご自由にお使い下さい。

topへ戻る

Q26.飲み物の持ち込みはできる?

A. お飲み物のお持込みは、アルコール・ソフトドリンクを問わず、1本$15にて承ります。

topへ戻る

Q27.1人でも参加できる?

A. もちろんお1人でもご参加頂けます。
乗船中、他のお客様と仲良くなれるのもクルーズの魅力です。
女性1名様でご参加される方もたくさんいらっしゃいます。

topへ戻る

Q28.英語が苦手…

A. 日本人クルーが常駐していますのでご安心下さい。
日本語を話せるパラオ人やフィリピン人スタッフもおりますので、なんでもお気軽にお申し付け下さい。

topへ戻る

Q29.精算にカードは使える?

A. ご精算は、US$現金、トラベラーズチェック、クレジットカードをお使い頂けます。
クレジットカードは、VISA, MASTER, JCBがご利用可能です。

topへ戻る

Q30.下船日は何時までお部屋を使える?

A. 通常プランですと、15:00にお部屋のチェックアウトとなります。
チェックイン前、チェックアウト後は、和室「竹の間」、ダイニングデッキ、シャワー・トイレ、ジャグジー、甲板部分等の共同スペースをご自由にお使い下さい。

topへ戻る