気候・海況
海洋熱帯気候で高温多湿。紫外線は日本の6~7倍、日焼け止めは必須。気温は通年28~30度、水温は29~30度。
スーツの目安は3~5mm、シーガルでも問題ない。雨が降ると肌寒いのでダイビングに出るときにはウインドブレーカー等雨具が一枚 あると重宝する。台風の通過は稀である。
海のコンディション
乾季は東よりの風が吹くため、風裏になる西側のポイントが潜りやすくなります。
逆に、雨季は西よりの風が吹くため、東側のポイントが潜りやすくなります。
ただ、最近は乾季・雨季といったように、はっきりと分けられる年は少なくなっており、乾季でも、天気の悪い日が続いたり、雨季でも毎日好天なんてことも、当たり前のようになっています。
透明度は潮汐や風に左右されることが多く、一般的には上げ潮の時透明度が上がります。
また、沖から風が吹いてくるような場合は、外洋のきれいな水が風に押されて入ってくるので、その場合も透明度が上がるケースが多くなります。 特に大きくシケたあとはビックリするほどの透明度になることも。
ウーロンチャネルやジャーマンチャネルなどのチャネル付近では、大潮回りに流れが強くなります。
ブルーコーナーやシャークシティーのように外洋に面したポイントでは、小潮回りに潮の流れが不規則になる傾向が見られます。
また、外洋に面したポイントでは、潮周りに関係なく、時として突然ものすごい流れがかかることがあり、注意が必要です。
短い時では10分程度で終わり、長いときには1週間以上も強弱はつきながらも流れがおさまらない場合があります。
ダイビングシーズナリティー表

 

 

シーズナリティー